『通のツール箱』 ~Y-MAX工具ブログ~

工具マニアである私、本間店長が工具ブログを書いていきます。レーシングカートや一眼レフカメラで撮影した写真についても書いていきます!「ヤフオク」も開催してます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

虫眼鏡付き!「ラクラクトゲ抜き」

しばらくブログ更新を怠っていました・・!

ケインズの太田さんからリクエストがありましたので、今回は工具ネタでいきたいと思います!

今回紹介するのは「工具」というか、便利グッズです。

日頃、カートの整備をしていると時々手足にトゲのようなものが刺さってしまうことがあります。

小さくてなかなか取れないけれど、触ると痛くてイライラしますよね?

先日も、ケインズの近藤社長が手にメッキの破片が刺さって(と言うより、ほぼ入り込んでしまい)大騒ぎしてましたので(笑)、私が工具箱に忍ばしていた秘密道具を貸してあげました。

それがコレ『現場用ラクラクトゲ抜き』です!

4106+c39mwL.jpg

テレビでも紹介されたことのある商品で、かなり便利です!

指先に、肉眼では確認し辛い程小さなトゲが刺さってしまった時、虫眼鏡を手に持つ事も出来ず、ピンセットだけの作業では上手く取る事が出来ません。
26g.jpg

でもこのトゲ抜きはレンズが付いていてちょうどピンセットの先端にピントが合うようになっているのです!

拡大率は15倍なのでごくごく小さいトゲまではっきり見え、安全にトゲを抜く事が出来ます。

プラスチック製で、先端は透明になっているので光が隠れることなく、1発でトゲが取れます。

全長3cmくらいなので、ポケットにもすっぽり!
rakurakutoge.jpg



近藤社長も大絶賛のこのアイテム。価格も安いので1つGETしておくといいかも!

ちなみに、ちょっと高級バージョンもあり、「ピント調整機能付き」「ライト付き」「ペン型」などもあります!

 
スポンサーサイト
[ 2012/09/24 18:00 ] 工具 | TB(0) | CM(3)

Ko-ken Z-EAL 首振りショートラチェット

この間の鈴鹿のレースの帰り道に、いつもの秦三商会で買った工具の一つを紹介しまーす!

Ko-ken(山下工業研究所)のZ-EAL(ジール)の首振りショートラチェットです!

P1050772.jpg

Ko-kenはソケットのバリエーションが非常に多いメーカーですが、国内ではあまり有名とは言えません。
ですが、その技術力は非常に優れています!  ある意味、職人技と言った感じです。
海外では、「KTC」よりも「Ko-ken」のほうが評価が高く、F1日本グランプリの時にはF1チームも買いに行くほど、噂ではマクラーレンF1チームがKo-kenの工具を買い漁ったとか。

そんなKo-kenの新ブランドとして登場したのがこの「Z-EAL」
整備を目的に特化し、設計から仕上げまで見直したこだわりの商品なんです。

で、今回私が買ったこの「首振りショートラチェット」
主にカートのプラグレンチ専用として購入しました。
プラグレンチを挿しっぱなしにしても、下の写真のように折り畳んでポケットに入るようにと思い購入。
最初は他メーカーの首振りラチェットを買う予定でしたが、Z-EALの使い易さに負け、ちょっと高めですけど買っちゃいました。
P1050774.jpg

今まで、Ko-kenのラチェットは「空転時のラチェッティングトルクの軽さ」が特徴でした。
これは、ギアの構造が「ウイングタイプ」(二つ爪タイプ)というものを採用しているためで、単純な仕組みで故障が少なく、とにかく空転トルクが軽いことが特徴だからです。
FEB02122.jpg
(写真は旧型KTC)


ところが、今回買ったZ-EALは「パウルタイプ」(ダルマ式)を採用しています。
パウルタイプはギアが噛み合う構造になっていて、強度が稼げることが特徴ですが、摩擦と重量の増加により、空転トルクが重くなってしまうことが欠点なのです。
kk_z_07.jpg
ところが、ここがKo-kenのすごいところ!
「パウルタイプ」なのに、今までの「ウイングタイプ」と同等の軽快さを実現しています!
さすがです!なんてったって会社名が「山下工業研究所」ですからね!

首振りの部分にも工夫がされていました!
私が見た中で、他のメーカーの首振りは無段階のものが多く、トルクをかけた時に勢いで角度が変わってしまうことがありました。
ところが、Z-EALの首振りは真ん中にボールが付いていて、センターで固定されるようになっています。
これがとても使いやすくて購入の決め手になりました。

ソケットもZ-EALで揃えたいなぁ。
[ 2012/04/16 18:02 ] 工具 | TB(1) | CM(0)

KNIPEX 「スナップリングプライヤー」

久しぶりに工具ネタです!

今回は、クニペックスです。

クニペックスと言えば、ドイツの掴み物系工具としてはあまりにも有名な工具メーカーです。

スナップオン等からのOEM(代理生産)も行なっており、その品質はピカイチです!


数あるクニペックスの工具から今回紹介する工具は 「スナップリングプライヤー」 です!

001957-11.jpg


スナップリングはカートでも使用することが多い部品です。

油圧式ブレーキのマスターシリンダー内。
KT100SECのドライブスプロケット。
ステアリングシャフトの根元のベアリング。
などなど・・。

big_mono05628244-1.jpg gb6600-b91-0008_15.jpg

スナップリングには主に「軸用」「穴用」の2種類があります。

内側が丸いのが軸用、外側が丸いのが穴用になります。

スナップリングを着脱させるには スナップリングプライヤーが必須です!

スナップリングにある二つの小さな穴にプライヤーの先端を入れ、プライヤーを握ることでリングを広げたり縮めたりします。

スナップリングに「軸用」「穴用」があるように、プライヤーにも同様に「軸用」「穴用」があります。



まずは「軸用」

カート関係なら、軸用はKT100SECのギア部分によく使います。
4611-a0.jpg
軸となるものに溝が切ってあり、スナップリングをプライヤーで広げて挿入し、溝にはめ込みます。





次に「穴用」

カート関係なら、穴用は主にブレーキのマスター部分でよく使います。
4411-j2.jpg

穴の内側に溝が切ってあり、スナップリングをプライヤーで縮めて挿入し、溝にはめ込みます。



いたってシンプルな作業ですが、実はきちんとした工具を使用しないととてもイライラする作業なんです。

スナップリングはプライヤーの形次第ですぐに外れて飛んでしまったり、グラグラして溝にはめることが難しくなってしまうんです。

下写真をご覧ください。
sig_snap_mini5.jpg
左がクニペックス(軸用)、右はホームセンター工具です。

先端の太さと角度の付き方の違いがあることが分かると思います。

クニペックスのこの太さ、角度があることでスナップリングを安定して保持できるのです。

プライヤーの先端が細いと、リングがねじれてしまうことがあります。だから、先端はなるべく大きなものを選びます。

先端角度は「軸用」は外側に、「穴用」は内側に向いて傾いています。
img_497847_11552264_1.jpg
クニペックス(穴用)

プライヤーを使い分ける最大の理由はココにあります。

リングを引っ張る方向に先端が傾いていれば、滑ってはずれる事もありません。


よく、ホームセンターで見かけるこの工具↓
34359.jpg
「軸用と穴用を兼用できるスグレモノ!」 という歌い文句で、結構皆さん持っていらっしゃるんじゃないでしょうか?

実は私も始めは買いました。 が、すぐに使わなくなりました。

まず、先端部分は外側に傾いてはいるんですが、穴用として使用しようとしたときも先端は外側に向いたままとなり、

スナップリングが滑って滑って、とても使いづらいです。

さらに、プライヤー先端は交換式で薄く作ってあるため、やっと掴んで軸や穴に挿入しようとしたときに

交換式部分がはずみでねじれ、掴むことができない。そして、リングが飛んでしまう・・。

なので、私はこの工具は絶対にオススメしません。 必ず、軸専用と穴専用のプライヤーを持つことです。


また、ラジオペンチの先端を削って代用しようなんて考えもやめましょう!



クニペックスが優れている点はもう一つあります。

それは先端がフラットになるように加工されていることです。
image.jpg
フラットな面がスナップリングを より安定させているわけです。

スナップリングプライヤーを買うなら、迷わずクニペックスを選択してみてください。







ちなみに余談ですが、 スナップリングには表と裏があることはご存知ですか?

スナップリングの表(おもて)面は角が丸く作ってありますが、裏面は角がたっているんです。

あまり意識せずに使っている方も多いようですが、コレを知っているだけで、使用中にリングが飛んでしまうようなことは少なくなると思います。

たとえば、軸用スナップリングでKT100のギヤを留めるときは、ギア側が表、外側が裏になるように取り付けます。

穴用スナップリングでブレーキマスターシリンダーのピストンを留めるときは、ピストン側が表、外側が裏になるように取り付けます。

裏側(角が立っている側)の方が引っ掛かりが多いため、外れにくいということです。



単純な部品ですが、意外と奥深い部品ですよね。
[ 2012/02/09 18:10 ] 工具 | TB(0) | CM(0)

Beta レンチセット

今日、ケインズにバイトに来たら、何やらBetaの四角い箱が置いてありました!
何やら工具の匂いがしたので社長に聞いたら、この間、鈴鹿の秦三商会で買ってきたらしく、中身はBetaのレンチセットでした!

セール品だったのかな?
10本セットで6980円です。


ちなみに、フェラーリF1チームは、Betaを使用しており、このレンチセットにもフェラーリのマークが入っていました!

この布袋は由奈に穫られたそうです。
[ 2012/01/28 19:05 ] 工具 | TB(0) | CM(0)

Wera 「ヘキサゴンレンチ ハイクオリティタイプ」

以前、ブログでも紹介していましたWeraのヘキサゴンレンチ    ⇒以前のブログはこちらへ

スタンダードタイプとハイクオリティがあるんですが、私はスタンダードタイプを持っています。

ところが先日、なめていたボルトを取り外すためにWeraを無理やり使用したところ、先がダメになってしまいました。

やはり、スタンダードタイプだと極端に大きなトルクで締めるとレンチ側も逝ってしまうようです。

買い換えなきゃなぁ・・。と思っていましたが、先日ついに購入しました!


「Wera ヘキサゴンレンチ ハイクオリティタイプ!」

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具ブログ ~

買ってしまいましたわ~ (笑)

詳しい事は以前のブログにも書いてあるのでここでは書きませんが、ハイクオリティタイプは持ち手が太く作られていて、メッキはされていません。
持った印象としては、非常に重いです。そしてメチャメチャ堅いです。ほんとに。

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具ブログ ~
↑もちろん、Wera最大の特徴である面接触タイプ!


早く使ってみたいです♪
[ 2011/11/12 13:58 ] 工具 | TB(0) | CM(0)

これは買うべき?

工具のシルエットが書かれたTシャツを見つけてしまいました。

お値段は 999円 と安いのですが・・。

デザイン的にこれカッコイイですかね?どうですか?


でも工具マニアとしては買わなければいけないような気もします。 


ん~ ・・。


(正面に工具がビッシリ!背中はうっすらとシルエット)

 

(黒もあります)



[ 2011/11/11 00:00 ] 工具 | TB(0) | CM(6)

GORGONZ(ゴーガンズ)  イヤーウォーマー

今年ももう11月ですね。

気温は、暑くなったり寒くなったりで、本格的な冬はまだ来ていないようですが、そろそろ冬服の準備をしなくては。 (^_^)v

カートレースも各地ではそろそろ最終戦を迎えるところも多いと思います。

この時期、気温が低くなってきますと、お外でのカート整備がとてもつらい作業になりますよね。

私なんかはいつもメカをするときは「メカニックグローブ」をしていますが、冬になるとメカグローブは必需品です。工具もカートも鉄なので、超冷たいですから・・。(´・ω・`)

「メカニクス グローブ」
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~



風がピューピュー吹くような寒さになると耳が痛くなりませんか?

そんな時、私はコレを付けています。

アメリカの ゴーガンズ社 「イヤーウォーマー」
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
(もちろん私はオレンジ色です。)

コレは耳あてなんですが、よくある普通のヘッドフォン型のやつだとちょっとかっこ悪いし、かさばります。

でもこのゴーガンズの耳あては、もともと現場の作業員の人がヘルメットをかぶりながら装着することを想定しているので、こんな風に付ける事が出来ます↓
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
※ヘルメットを被るのは自由です(笑)


構造も非常にコンパクトです。サイズもベルト部分が自由に伸縮するので、顔の大きな内山マネージャーでも余裕で装着できますよ(笑)
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

しかも、折りたたんでポケットに入れることも出来るので、持ち運びも便利便利!
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

色や素材はさまざまなものがでているので、売り切れにならないうちにGETしておくといいですね!

[ 2011/11/07 18:15 ] 工具 | TB(0) | CM(0)

エンジニア 「ネジザウルス」

今回ご紹介する工具はプライヤー!

でもただのプライヤーではございません。

舐めてしまったネジを回すための専用のプライヤー

そうです!エンジニア製「ネジザウルス」です!

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

この工具は結構ホームセンターとかにも置いてあるので、結構有名ですよね。

長い工具の歴史に比べれば、かなり最近になって現れた工具です。

さまざまな種類がリリースされています。

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

ちなみに、私が持っているのは上の「PZ-56」です。


ネジザウルスの最大の特徴はなんと言っても、先端部分です。

先端に縦溝と横溝があり、えぐられた形状なのでネジの頭にジャストフィット!

挟んで回せばドライバーよりもかなりのトルクが掛けられます。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~



このネジザウルスですが、「PZ-56」についてはあまり知られていない特徴があります。

それは、通常のプライヤーと比べて、合わせ部分が逆になっているんです!

言われてみないと気が付きにくいポイントですね。

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~


これは、ネジザウルスが ネジを外す専用のプライヤー だからです。

ネジを外す際は、挟んで左に回します。そのため、通常のプライヤーでは合わせ部分に広がる力が加わり、プライヤーを痛めてしまいます。
ネジザウルスはその逆、合わせ部分に締まる力が加わるのでプライヤーを痛めることはありません。

ネジザウルスを真似た工具は出回っていますが、このような逆合わせをしているのは本家ネジザウルスのみです。

ここに工具メーカーとしてのこだわりがありますよね。



さて、このネジザウルス。 本来はネジ専門のプライヤーですが、実は変わった使い方があります。

カーライフサポートネットさんにも紹介されていますが、なんとエンジンのノックピンを外すのにピッタリの工具だったんです!

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
↑コレです

ノックピンは分解したエンジンを合わせるための重要なピンですが、交換の際に外すとなるとなかなか手強い相手です。
でもネジザウルスを使えば、 ガシッ! このようにピッタリ掴めます!
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~


ネジザウルスを工具箱に入れておけば、さまざまな場面で助けられると思いますよ!



ちなみに、下のキャラクターはネジザウルスのイメージキャラクター「ウルス君」です。

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~



↓アニメにもなっています(笑)



 ⇒続きの動画はコチラヘ
[ 2011/10/27 07:30 ] 工具 | TB(0) | CM(6)

BAHCO 「ピアノ線ニッパー」

しばらく工具ネタを書けなくってすみません。 f^_^;


さーて 今回の工具ネタは「ニッパー」です!

ちなみに、チーム員である岡本さんはニッパーのことを「パーニツ」と呼んでます(笑)


ニッパーと言えば、結構ポピュラーな部類の工具ですよね?

プラモデルやミニ四駆を作ったりした事のある人なら必ず使ったことがあるはずです。


一言に「ニッパー」と言っても、その種類はさまざまです。

私がよく買う工具メーカーであるドイツの「クニペックス」では、ニッパーやプライヤーを専門に扱っているますが、そのカタログを見るとかなりの種類が存在します。

ニッパーの種類は大きく分けると3つに分類できます。

①プラスチックニッパー
  プラモデル等で必要とされる、切断面が限りなく平らで薄いタイプ
  タイラップを切る場合もコレがベスト!

②斜ニッパー(エンドニッパー)
  細い針金や柔線を切断可能
  切断面が斜めに傾斜しているので、奥まった場所でも使用可能。

③強力ニッパー
  太い針金や硬線を切断するタイプ


ニッパーは切断する素材や大きさにあわせて選ぶ必要があります。

例えば、プラスチックニッパーで針金を切ろうものなら、すぐに歯が欠けてしまい可哀想なことになってしまいます。
プラスチックニッパーは主にプラモデルやタイラップを切る目的ですので、なるべく切断面をフラットに切り離したい。そのため、歯に段差がないため強度が弱いのです。

逆に、強力ニッパーでプラモデルをフレームから切り離そうとしたときは、歯に段差がついているため、切り落としたい部分が少し残ってしまいます。切れ口も潰れたような形になるのであまり良くありません。

万能なニッパーなど存在しないということですね。



ということで、私はニッパーを3つ持っています。

一つ目は、タイラップを切るための専用ニッパーとして以前ブログにも紹介した
ドイツのクニペックス社製「エレクトロニクススーパーニッパー」
切断面が“ツラ”で切れ、さらに切れ端が飛散しないように掴んでくれるのが特徴です。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
⇒過去ブログ

二つ目はアメリカ製の斜ニッパー「エクセライト サーキットマイクロカッター」
定価8,000円の品が85%OFFで売ってたので衝動買いしちゃいました。
これは刃先の角度が60度ついており、さらに全長も短いため、狭い箇所などで活躍する斜ニッパーです。これも、主にタイラップ専用ですね。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~




そしてそして三つ目は、今回紹介するスウェーデンのバーコ社製「ピアノ線ニッパー」です。
定価5,600円もするニッパーですが、その使い勝手は最高です。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

BAHCO(以下バーコ)は1886年にスウェーデンで創業され、現在はスナップオンの傘下
として発展を続けている工具メーカーです。

今やとてもポピュラーな工具となった「モンキーレンチ」という工具がありますが、実はこのバーコがモンキーを世界で初めて開発・販売をしたメーカーだったのです。
すでに120年近く経った今までにたった6回しかモデルチェンジされておらず、いかに当初から
製品の完成度が高かったかが伺えます。

バーコの大きな特徴は「スウェーデン鋼」を使用している所にあります。
スウェーデン鋼は軽量で非常に耐久性が高く、工具の中では「ニッパー」に使用する事が一番
適している素材と言われています。
つまり、バーコのニッパーは世界で一番良いニッパーであると言えるのです。

ニッパーではドイツのクニペックスも有名ですが、クニペックスの強力ニッパーは先端がごつい形をしていて、奥まった箇所では少し使いづらいです。(↓クニペックスのニッパー)
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

それに対しバーコは刃先がスリムな設計になっています。
刃の形状は先端が鋭角、奥に行くほど肉厚がある形をしています。
これはつまり、軟線は先端で、ピアノ線等は奥側で使用することで、今まで用途に合わせて使い分けていたニッパーがコレ一つで補えるという構造になっているということなのです。

また、グリップ部分も人間工学に基づいた設計(エルゴハンドル)になっており、とても持ちやすく疲れにくい。
それに加えて、リターンスプリングのON・OFFを切り替えることが出来るので、連続使用するときなんかにはスプリングをONにすると作業が楽になるという、なんとも素晴らしいニッパーなのです。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
(↑板バネが付いていて、スライドすることでON・OFFを切り替えれるのです。)


さて皆さん。ニッパーを購入するにあたって、注意して見ていただきたいポイントがあります。
それは、刃先の部分なんですが、よく見ると刃と刃は少しオフセットしていることがわかります。
これは、刃がピッタリと合わさってしまうとお互いが刃こぼれしてしまうからなのです。

そのために刃と刃は少しずらして作られているのですが、そのずれ方がポイントなのです。
少し説明が難しいですが、ニッパーは、二つの持ち手をクロスして作られています。
なので、上側となるパーツと下側になるパーツに分けられます。
理想的な刃のずれ方としては、上側のパーツの刃は下へ下側のパーツの刃は上へ、ズレていることがポイントです。
(↓クリックで拡大)
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
なぜこれが理想的なのか。
もし、この理想とは逆に、上側のパーツの刃が上に下側のパーツの刃が下に、ズレたニッパーは、使っていくしだいに真ん中のカシメの部分に広がる力が加わって微妙に緩んでいき、刃と刃の間に隙間ができるようになってしまい、本来の切れ味がなくなってしまうのです。
逆に理想的なズレ方をしているニッパーでは真ん中のカシメ部分に締まる力が加わり、隙間ができるようなことはほとんどありません。

ニッパーを買いに行った時にコレを判りやすく見分けるには、紙を一枚持っていけばOKです。
ニッパーで紙を軽く挟むと、紙が傾くハズです。
理想的なズレ方をしていれば、紙が上側のパーツの方に傾くはずですよ。(・ω・)/



ふぅ~。長いブログになってしまいました。
わかりにくい説明ですみませんでした。(´_`。)

ニッパーもなかなか奥が深い工具でしょ?
皆さんの持っているニッパーも紙を挟んで実験してみてください。


=============================================
バーコ(BAHCO) 軟線/ピアノ線両用ニッパー 160mm STRAIGHT/12-9160...

¥2,850
楽天
[ 2011/08/04 07:24 ] 工具 | TB(0) | CM(2)

バレンタインにオススメ! 工具チョコレート

もうすぐバレンタインデーですね。(-^□^-)

バレンタインデーと言えばやっぱりチョコレートですが、

神戸の「フランツ」というお店に珍しいチョコがあるんです。

それがコレ↓

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

工具がそのままチョコレートになっちゃいました!

細かいディテールまで再現してあるので、食べちゃうのがもったいないですね。

ちなみに、ボルトとナットは組み合わせることもできます!

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

昨年は、スパークプラグが入ってましたが、今年はドライバーになってますね。



そして今年、新発売になったのがコレ! ↓

$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

パイレンです!

縦23cmなので、小ぶりのパイレンですね(笑)


女の子のみなさん!彼氏が工具や車が好きだったら是非買ってみてくださいね!



↓クリックでお店へGO! ※これはスパナのみです。
工具チョコ・タイニーファクトリー(バレンタインチョコレート2011プレゼント)(神戸セレクション認定)(インターネット先行発売)(サプライズ)

工具チョコ・タイニーファクトリー(バレンタインチョコレート2011プレゼント)(神戸セレクション認定)(インターネット先行発売)(サプライズ)


=============================================
(広告)
ミニ工具ブラックチョコ150g(1個約5g)

¥525
楽天

[ 2011/02/08 12:27 ] 工具 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukihonma

Author:yukihonma

レーシングカートショップケインズの
アルバイト店長 Y-MAX です。

レーシングカートドライバー,メカニック
レース中の写真&動画撮影
ショップのホームページ製作・管理
ネットオークション販売を担当しています。
最近は、海外オークションのインポーターにもなりつつあります。

↓ レーシングカートショップケインズ ホームページ
http://keins.xxxxxxxx.jp/

格安でホームページを作って欲しい人は
お気軽にお申し付けください!

ヤフーオークション出品委託希望者も随時受付中!

⇒facebook にて写真も公開中!

投票
ブロとも申請フォーム
プラグイン


フィードメーター - 『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具ブログ ~

あわせて読みたい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。