『通のツール箱』 ~Y-MAX工具ブログ~

工具マニアである私、本間店長が工具ブログを書いていきます。レーシングカートや一眼レフカメラで撮影した写真についても書いていきます!「ヤフオク」も開催してます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ko-ken Z-EAL 首振りショートラチェット

この間の鈴鹿のレースの帰り道に、いつもの秦三商会で買った工具の一つを紹介しまーす!

Ko-ken(山下工業研究所)のZ-EAL(ジール)の首振りショートラチェットです!

P1050772.jpg

Ko-kenはソケットのバリエーションが非常に多いメーカーですが、国内ではあまり有名とは言えません。
ですが、その技術力は非常に優れています!  ある意味、職人技と言った感じです。
海外では、「KTC」よりも「Ko-ken」のほうが評価が高く、F1日本グランプリの時にはF1チームも買いに行くほど、噂ではマクラーレンF1チームがKo-kenの工具を買い漁ったとか。

そんなKo-kenの新ブランドとして登場したのがこの「Z-EAL」
整備を目的に特化し、設計から仕上げまで見直したこだわりの商品なんです。

で、今回私が買ったこの「首振りショートラチェット」
主にカートのプラグレンチ専用として購入しました。
プラグレンチを挿しっぱなしにしても、下の写真のように折り畳んでポケットに入るようにと思い購入。
最初は他メーカーの首振りラチェットを買う予定でしたが、Z-EALの使い易さに負け、ちょっと高めですけど買っちゃいました。
P1050774.jpg

今まで、Ko-kenのラチェットは「空転時のラチェッティングトルクの軽さ」が特徴でした。
これは、ギアの構造が「ウイングタイプ」(二つ爪タイプ)というものを採用しているためで、単純な仕組みで故障が少なく、とにかく空転トルクが軽いことが特徴だからです。
FEB02122.jpg
(写真は旧型KTC)


ところが、今回買ったZ-EALは「パウルタイプ」(ダルマ式)を採用しています。
パウルタイプはギアが噛み合う構造になっていて、強度が稼げることが特徴ですが、摩擦と重量の増加により、空転トルクが重くなってしまうことが欠点なのです。
kk_z_07.jpg
ところが、ここがKo-kenのすごいところ!
「パウルタイプ」なのに、今までの「ウイングタイプ」と同等の軽快さを実現しています!
さすがです!なんてったって会社名が「山下工業研究所」ですからね!

首振りの部分にも工夫がされていました!
私が見た中で、他のメーカーの首振りは無段階のものが多く、トルクをかけた時に勢いで角度が変わってしまうことがありました。
ところが、Z-EALの首振りは真ん中にボールが付いていて、センターで固定されるようになっています。
これがとても使いやすくて購入の決め手になりました。

ソケットもZ-EALで揃えたいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2012/04/16 18:02 ] 工具 | TB(1) | CM(0)

電源が入らなくなったPS3を修理!( YLOD 修理 )

最近忙しくって、ブログ更新してなくてすいません。

ずいぶん前ですが、PS3の電源が入らなくなった不具合の話しです。
image_20120216213054.jpg

⇒過去記事 『PS3が壊れてしまいました・・。』

電源がたびたび落ちてしまうことがあったんですが、遂に全く電源が入らなくなってしまい、バックアップも取れず、ディスクも入ったままの状態でした。 地デジの録画もしていたので、それも見れません。

ソニーに修理を出すと、お金が掛かる上にデータも消されてしまうので、なんとかしたいです。

インターネットで調べてみると、通称「Yellow Light of Death」(略称:YLOD)と呼ばれる結構有名な不具合だということが分かりました。

それも、自力で直したと言う人が結構多く、修理方法も書いてあったので、ダメでもともとなので私もやってみることにしました!

とりあえず、新しいPS3をこの前買ってきたので、 過去記事⇒ 『PS3本体2個買い』
自力で修理してみます!
直れば新しいPS3にデータを移動できますからね。
P1050338.jpg


YouTubeに細かく手順が載った動画がありました。


↑確かに直っていますが、ここまでバラすのはちょっと気が引けます。
ドライヤーで暖めても、元に戻せるかどうかすっごく不安ですし・・。








ところが、YouTubeをもう少し探していると、分解せずに修理する動画を見つけました。
しかもヒートガンではなく、家庭用のドライヤーを使っています。

それがこの動画です。


この方法なら、ヒートガンが無くても、ドライヤーで出来るし、封印シールを剥がさずに修理できるからいいですね!

この方法で直してみます!

とりあえず、熱に弱いHDDを取り外します。

動画の通り、本体背面の通風口からドライヤーで15分間暖めます。
家庭用ドライヤーとはいえ、本体は結構熱くなります。
30分冷却してから、スイッチオン!

ピ!・・・ピピピ!(黄色点滅)

だめかぁ・・。  しかし、まだ諦めません! ドライヤーの場合、少なくとも3回はやらなきゃいけないようです。


ところが、3回やってもぜんぜんダメ。

よく考えたら、ドライヤーの熱風ではんだを溶かしてはんだクラックを直すわけだから、本体は水平にしなきゃいけないんじゃないか? 立てたままやっていたので溶けたはんだが広がっちゃった? ガーーン! もう手遅れ? 自分でとどめをさしっちゃった感が・・。

でも、まだダメになったと決まったわけではありません。

本体を水平にてドライヤーをあてます。

熱で本体のプラスチックがパキパキと大きな音を立てます。 問題ないようですが・・。

熱風20分を計6回くらいやりましたが、直りませんでした。










2日目突入

今度は前面の通風孔をガムテープで塞いで挑戦してみました。

さすがに、風の出口を塞ぐと熱がこもって、本体もかなり熱くなります

今度は熱風20分を計4回くらいやりましたが ダメでした。











3日目突入

今度はドライヤーの熱風が漏れないようにダクトを作り、さらに上から毛布をかけて挑戦です。

熱風も30分間かけて暖めます。

もうここまでくると、PS3が復活するか、ドライヤーが壊れるか、部屋が火事になるか、根気比べです。

ここまでするとものすごい熱さで、本体を触ろうにもやけどしそうです。

ここへきて遂に、本体の通風孔のプラスチック部分が熱で少し溶けてきてしまいました。

もう完全に壊れちゃったかなぁ・・?


ところが、チャレンジ13回目でなんと遂に電源が入りました!  おーーー! きたーーー! O(≧▽≦)O
 
す、すぐにディスクを取り出します!  

中から、ちんちんに熱くなったグランツーリスモ5のディスクが出てきました!

ところが、すぐに電源が落ちてしまいました。


お!これは直るかも!


そして、チャレンジ14回目にして遂に復活!!

安定して動作しています。 パチパチパチO(≧∇≦)O

さっそく、新しいPS3へデータを移動しなきゃ!

ゲームデータ、地デジ録画データ、等 

データの移動に8時間くらいかかるみたいです!

古いほうのPS3がそんなに長く起動していられるかなぁ。 心配。

あまりに長いので、そのまま就寝。

朝になってもまだ終わっていませんでしたので、PS3をそのままにして会社へ。

そして、会社から帰ってきてようやく完了してました! よかったー。


やっぱり、バックアップは取っておくべきですね。


無事PS3は直ったけど、今月の電気代が心配・・。 ドライヤーって電気食うよね?たしか。
[ 2012/04/12 18:10 ] ゲーム | TB(2) | CM(3)
プロフィール

yukihonma

Author:yukihonma

レーシングカートショップケインズの
アルバイト店長 Y-MAX です。

レーシングカートドライバー,メカニック
レース中の写真&動画撮影
ショップのホームページ製作・管理
ネットオークション販売を担当しています。
最近は、海外オークションのインポーターにもなりつつあります。

↓ レーシングカートショップケインズ ホームページ
http://keins.xxxxxxxx.jp/

格安でホームページを作って欲しい人は
お気軽にお申し付けください!

ヤフーオークション出品委託希望者も随時受付中!

⇒facebook にて写真も公開中!

投票
ブロとも申請フォーム
プラグイン


フィードメーター - 『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具ブログ ~

あわせて読みたい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。