FC2ブログ

『通のツール箱』 ~Y-MAX工具ブログ~

工具マニアである私、本間店長が工具ブログを書いていきます。レーシングカートや一眼レフカメラで撮影した写真についても書いていきます!「ヤフオク」も開催してます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BAHCO 「ピアノ線ニッパー」

しばらく工具ネタを書けなくってすみません。 f^_^;


さーて 今回の工具ネタは「ニッパー」です!

ちなみに、チーム員である岡本さんはニッパーのことを「パーニツ」と呼んでます(笑)


ニッパーと言えば、結構ポピュラーな部類の工具ですよね?

プラモデルやミニ四駆を作ったりした事のある人なら必ず使ったことがあるはずです。


一言に「ニッパー」と言っても、その種類はさまざまです。

私がよく買う工具メーカーであるドイツの「クニペックス」では、ニッパーやプライヤーを専門に扱っているますが、そのカタログを見るとかなりの種類が存在します。

ニッパーの種類は大きく分けると3つに分類できます。

①プラスチックニッパー
  プラモデル等で必要とされる、切断面が限りなく平らで薄いタイプ
  タイラップを切る場合もコレがベスト!

②斜ニッパー(エンドニッパー)
  細い針金や柔線を切断可能
  切断面が斜めに傾斜しているので、奥まった場所でも使用可能。

③強力ニッパー
  太い針金や硬線を切断するタイプ


ニッパーは切断する素材や大きさにあわせて選ぶ必要があります。

例えば、プラスチックニッパーで針金を切ろうものなら、すぐに歯が欠けてしまい可哀想なことになってしまいます。
プラスチックニッパーは主にプラモデルやタイラップを切る目的ですので、なるべく切断面をフラットに切り離したい。そのため、歯に段差がないため強度が弱いのです。

逆に、強力ニッパーでプラモデルをフレームから切り離そうとしたときは、歯に段差がついているため、切り落としたい部分が少し残ってしまいます。切れ口も潰れたような形になるのであまり良くありません。

万能なニッパーなど存在しないということですね。



ということで、私はニッパーを3つ持っています。

一つ目は、タイラップを切るための専用ニッパーとして以前ブログにも紹介した
ドイツのクニペックス社製「エレクトロニクススーパーニッパー」
切断面が“ツラ”で切れ、さらに切れ端が飛散しないように掴んでくれるのが特徴です。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
⇒過去ブログ

二つ目はアメリカ製の斜ニッパー「エクセライト サーキットマイクロカッター」
定価8,000円の品が85%OFFで売ってたので衝動買いしちゃいました。
これは刃先の角度が60度ついており、さらに全長も短いため、狭い箇所などで活躍する斜ニッパーです。これも、主にタイラップ専用ですね。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~




そしてそして三つ目は、今回紹介するスウェーデンのバーコ社製「ピアノ線ニッパー」です。
定価5,600円もするニッパーですが、その使い勝手は最高です。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

BAHCO(以下バーコ)は1886年にスウェーデンで創業され、現在はスナップオンの傘下
として発展を続けている工具メーカーです。

今やとてもポピュラーな工具となった「モンキーレンチ」という工具がありますが、実はこのバーコがモンキーを世界で初めて開発・販売をしたメーカーだったのです。
すでに120年近く経った今までにたった6回しかモデルチェンジされておらず、いかに当初から
製品の完成度が高かったかが伺えます。

バーコの大きな特徴は「スウェーデン鋼」を使用している所にあります。
スウェーデン鋼は軽量で非常に耐久性が高く、工具の中では「ニッパー」に使用する事が一番
適している素材と言われています。
つまり、バーコのニッパーは世界で一番良いニッパーであると言えるのです。

ニッパーではドイツのクニペックスも有名ですが、クニペックスの強力ニッパーは先端がごつい形をしていて、奥まった箇所では少し使いづらいです。(↓クニペックスのニッパー)
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~

それに対しバーコは刃先がスリムな設計になっています。
刃の形状は先端が鋭角、奥に行くほど肉厚がある形をしています。
これはつまり、軟線は先端で、ピアノ線等は奥側で使用することで、今まで用途に合わせて使い分けていたニッパーがコレ一つで補えるという構造になっているということなのです。

また、グリップ部分も人間工学に基づいた設計(エルゴハンドル)になっており、とても持ちやすく疲れにくい。
それに加えて、リターンスプリングのON・OFFを切り替えることが出来るので、連続使用するときなんかにはスプリングをONにすると作業が楽になるという、なんとも素晴らしいニッパーなのです。
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
(↑板バネが付いていて、スライドすることでON・OFFを切り替えれるのです。)


さて皆さん。ニッパーを購入するにあたって、注意して見ていただきたいポイントがあります。
それは、刃先の部分なんですが、よく見ると刃と刃は少しオフセットしていることがわかります。
これは、刃がピッタリと合わさってしまうとお互いが刃こぼれしてしまうからなのです。

そのために刃と刃は少しずらして作られているのですが、そのずれ方がポイントなのです。
少し説明が難しいですが、ニッパーは、二つの持ち手をクロスして作られています。
なので、上側となるパーツと下側になるパーツに分けられます。
理想的な刃のずれ方としては、上側のパーツの刃は下へ下側のパーツの刃は上へ、ズレていることがポイントです。
(↓クリックで拡大)
$『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具道 ~
なぜこれが理想的なのか。
もし、この理想とは逆に、上側のパーツの刃が上に下側のパーツの刃が下に、ズレたニッパーは、使っていくしだいに真ん中のカシメの部分に広がる力が加わって微妙に緩んでいき、刃と刃の間に隙間ができるようになってしまい、本来の切れ味がなくなってしまうのです。
逆に理想的なズレ方をしているニッパーでは真ん中のカシメ部分に締まる力が加わり、隙間ができるようなことはほとんどありません。

ニッパーを買いに行った時にコレを判りやすく見分けるには、紙を一枚持っていけばOKです。
ニッパーで紙を軽く挟むと、紙が傾くハズです。
理想的なズレ方をしていれば、紙が上側のパーツの方に傾くはずですよ。(・ω・)/



ふぅ~。長いブログになってしまいました。
わかりにくい説明ですみませんでした。(´_`。)

ニッパーもなかなか奥が深い工具でしょ?
皆さんの持っているニッパーも紙を挟んで実験してみてください。


=============================================
バーコ(BAHCO) 軟線/ピアノ線両用ニッパー 160mm STRAIGHT/12-9160...

¥2,850
楽天
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/04 07:24 ] 工具 | TB(0) | CM(2)
1. BAHCO

はじめまして!
私もピアノ線ニッパー使ってます!
自分で買った訳ではないのですが、もしニッパーを買うことがあれば迷わずBAHCOを買うと思います☆
持ちやすいし、何より切れ味がサイコーです(^^♪
[ 2011/08/08 15:40 ] [ 編集 ]
2. Re:BAHCO

>えりかさん
初めまして!えりかさん。
RMCクラス走ってるんですね。
サーキットで会ったらよろしくです。(^∇^)

なかなか工具通ですね(笑)
[ 2011/08/08 15:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

yukihonma

Author:yukihonma

レーシングカートショップケインズの
アルバイト店長 Y-MAX です。

レーシングカートドライバー,メカニック
レース中の写真&動画撮影
ショップのホームページ製作・管理
ネットオークション販売を担当しています。
最近は、海外オークションのインポーターにもなりつつあります。

↓ レーシングカートショップケインズ ホームページ
http://keins.xxxxxxxx.jp/

格安でホームページを作って欲しい人は
お気軽にお申し付けください!

ヤフーオークション出品委託希望者も随時受付中!

⇒facebook にて写真も公開中!

投票
ブロとも申請フォーム
プラグイン


フィードメーター - 『通のツール箱』 ~ Y-MAX 工具ブログ ~

あわせて読みたい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。